2015年06月16日

ブログの引越し

こんにちは、
この度、ブログを引っ越しました!

新しいブログも、同じくアクアブログで、同じタイトルです。

のん水


こちらのブログもまだ当分存続します。

記事の引越しがおわるまではこのままです。


おいおい相互リンクの方には別個連絡させていただきますので、
その際はお手数とは思いますが、リンクの再設定をお願いするかと思います。
よろしくお願いします。
(現在移行にてんやわんやで、それらが落ち着いてからになると思います、すみません)




こちらのSeeSaaブログの記事は、新ブログに移行した時点で消していく予定です。
記事の削除や、リンク切れ等今後出てくると思います。ご了承ください。



皆様にはSeeSaaブログでたくさんの応援をいただき、
たくさんのコメントをいただき、
本当にお世話になりました。


ブログアドレスは変わりますが、私は特に何も変わりません。
新しいブログは最低限の広告でより便利に閲覧できるようなブログにしたいと思っていますので、
これまでと変わらず、のんびり覗きにきてください。

新ブログのほうでもまた、よろしくお願いします!
posted by あーる at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 20cmキューブレイアウト水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

ラン藻。 一網打尽にしますよ (3/3)



こんばんは。

今日はついにラン藻記事の完結編でございます。


前回の記事(ココ)で、
隅々までコケ取りされて、全暗(まっくら)処置をされた20cmキューブ水槽。


藍藻02.jpg



前回の記事では24時間といいながら、
実際には36時間ほど全暗にしていました。



これだけ真っ暗にしたんですから、コケたちも往生していることでしょう。


しているといいな。



と、いうことで、


20150525-DSC00827.jpg



新聞除去!



さっそく
水槽内をチェック・・・


じろじろ



20150525-DSC00828.jpg



じろじろ




うん、キレイさっぱり

ラン藻も、アオミドロもすっかり無くなりました。




ということで、これにて一件落着!






・・・



というのもあっさりすぎるので少し続きを。





今回、このタイミングで魚を注文していたんです私。


というより、実はこの水槽をピカピカにしておきたかった理由が、
魚を注文したいがためだったりしたんですよね。




予定どーりきれいになったので、

ここで水あわせして生体投入!





今回は小型のこたちを2種類、合計30匹ほど入れました。




で、



こんな感じに。




20150525-DSC00823s.jpg




やっぱりコケのない水槽でキラキラした水の中をキラキラした魚が泳いでいてこそ。


「あー、これこれ」


というカンジがしますね。




さて、ブログの記事としてはすこし間が空いてしまったのですが、
ラン藻の除去から魚を入れるまで、実際はたった2日間のお話の記事でした。




一連の記事、今回は三部構成だったのですが、
なにかのヒントになりましたでしょうか。




一新された石組み20cmキューブ水槽の景観は、また別の機会に紹介しますね。



ではではでは、また。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
明日のためにワンクリックを是非

こちらもクリックを。




関連記事

ゆっくりトリミング動画
ラン藻。 一網打尽にしますよ (1/3)
コケ対策 ヤマトヌマエビとアオミドロ




posted by あーる at 23:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 藻類(と対策) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

ラン藻。 一網打尽にしますよ (2/3)



こんばんは。


今回は前回の続きです。


前回の記事は
こちら
です。





今回は実際に手を入れていきますよ。





DSC00602-4.jpg



さて、、、どこをキレイにしていこうかな、

と水槽を眺めると



ラン藻は

・ガラス面
・水面(薄い膜のようになってる部分がある)
・水草
・石
・ソイル(水草の根元)
・濾過槽

と、もうありとあらゆるところに蔓延っています。


つまり、やらなくていいところなんて無い、ということ。





・・・やるか。



ここまで蔓延してしまうと、ラン藻の吸出しなんかをしているうちにおそらく全換水以上してしまうと思いますので
(というのも、濾過槽を入れても10リットル程度しかないので)
まずは魚を避難させます。



DSC00604-6.jpg


もう少し大きい水槽なら魚隔離するほどのものでもないんですけどね。
水量が少ない水槽の手のかかるところ。


でも小さいことはメリットもあって
水を少し減らせば動かせてしまうので・・・


DSC00603-5.jpg


よいしょ、と、水場へ。

ホースひっぱるより便利なんですよね。



ということで、ガラス面のラン藻をこすりおとして、
角の部分はブラシでこすって散らし、

細めのホースで水草やソイル、こすり落としたラン藻を吸い出します。


DSC00607-7.jpg


ホース当てるだけだと吸い出せないところは、
指軽く擦って吸わせます。

するするっと吸えると気持ちいい。



ソイルに出ているものは、多少ソイルごと吸ってしまうくらいのイメージで吸っちゃいますよ。


アオミドロなんかと違って、
ラン藻は硬く固着してしまうようなものではないので、
使い古しの歯ブラシや指で少しこすると落とすことができて、どんどんキレイになっていくと思います。






作業すること10分ほど。


DSC00610-8.jpg


すいぶんキレイになりました。


とはいえ、よーくみるとまだコケが残っています。



藍藻01.jpg




これはラン藻ではくて、
一緒に発生してたアオミドロ状の藻類のようですね。




ここまで細かいものだと手で取るのも現実的ではないので、

もうひと手間。


1日間の遮光を行います。



丸1日、24時間、水槽をなにかで囲って完全に光がない環境にして、
水草より下等な光合成に頼る生物の成長を抑えようという作戦です。

取り除いたとはいえ多少は残ってしまう藻類にダメ押しをするわけですね。


↑の写真のような細かい糸状の藻類にはヤマトヌマエビも効果的なはずなので
今回はヤマトヌマエビ3匹だけを戻し、魚は流木を使った20cm水槽へ居候してもらうことにしました。

誤解がないように一応書いておきますと、
魚もエビと一緒に水槽へ戻しても良かったんですが、エンドラーズとボララスが一緒に泳いでいるところをみてみたかったので出来心でボララスは引越しになりました(笑)

(そしたら思ったより気に入ってしまって、
このあいだの動画を撮るに至った次第です。)




と、いうことで、


藍藻02.jpg



今回は新聞とガムテープで適当に水槽を囲んで遮光。




ラン藻に限らず、この一日遮光をするかしないかで"コケ"の出方がかわるので、
みなさんもコケとりしたときなんかは是非試してみてくださいな。


ただ、「可能な限り除去してから」がいいですよ。


CO2入れてるかたは、遮光中は添加しないようにしてくださいね。




さて、これで丸1日。


うずうずしながら待ちます。



次回の記事で生まれ変わった姿を・・・


お見せできるといいんですがーー


乞うご期待でございます。



ではでは。



・・・ラン藻にさわっていたので手がラン藻のにおい・・・


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
明日のためにワンクリックを是非

こちらもクリックを。




関連記事

ゆっくりトリミング動画
ラン藻。 一網打尽にしますよ (1/3)
コケ対策 ヤマトヌマエビとアオミドロ




posted by あーる at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 藻類(と対策) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。